メニューを開く メニューを閉じる
2018年の障害福祉を振り返る
2019.01.05

新年あけましておめでとうございます。

弊社にとって、昨年は事業としては飛躍の1年となりましたが、同時に、弊社サービス「ポチパス」を通して、様々な福祉業界の問題や、闇、特に、行政側の問題(障害福祉法に対する見解や、方針が、自治体によってばらばらな事で、システム開発の中で、〇〇地域のみの特別仕様のような追加開発も発生し、確認の手間など不要な労力も多く発生した年となりました。 闇と書いた点については、以下のNHKハートネットの記事がきれいに纏めてくれているので、こちらを共有させて頂きます。

2018年の福祉をふり返る ~国による“障害者の排除”が明らかに~

行政は、昨年の終わりに、2019年度中に、各省庁で合わせて、 4000人の障がい者 の追加雇用を行うと発表しております。

→今年2月に、統一試験

こんな過去の不正雇用の穴埋め的に、人数だけでかでか掲げて進める事は、 全く無謀な話です。 弊社のお客様(ポチパス利用企業/就労移行支援事業所)によると、一般企業への就職活動を諦めて行政の入社試験を受けようとする人も、続出していて、また、既存の企業で既に働いている人たちが、より仕事が楽そうな(?)行政の仕事に移るという動きも、出そうだ。という話が早速出ていました。 もちろん、行政が、ただ、数合わせだけの雇用ではなく、当事者の特性が活きる仕事場、環境も、合わせて作っていく為の予算や、人材雇用も、ガチで行うなら良いですが、そのような動きはほとんど感じられません。 今年は、障害福祉業界・・・A型(雇用型)事業所、就労移行支援事業所、相談支援所等は、もちろん、様々な混乱と、波紋が生まれて、益々、障害当事者にとっては、生きづらい国になっていくことになりそうです。 (参考) 障がい者手帳発行者人数 900万人 実際に企業就労している障がい者人数 270万人 従業員(おおよそ)100人以下の零細企業で就労している障がい者は、270万人のうち100万人 就労移行支援事業所は、全国で、3000以上存在すると言われてます。 そのうちの1000事業所が、年間で就労雇用実績が、ゼロという話を聞きました。 就労移行支援事業所が、270万人のうち、実際就労に結び付けた人数は、2.5万人 数%と言われています。 上記に記載した零細企業の100万人は、ほとんど家族や社長の伝手で入社した人がほとんどだそうです。 (そりゃそうですよね。従業員300人以下の会社には、障がい者の雇用義務が無いのですから) 私が伝えたかったことは、国が10年以上かけて作ってきた障がい者の法定雇用率2.2%とか、就労移行支援事業所とか、その制度自体が、ほとんど無価値で無意味なものであったという事が言いたかったです。 国が作った制度そのものが、全く機能していないのです。 2019年の障がい者の就労・雇用環境は、嘘と現実が、入り乱れ、収拾のつかない事態になることは間違いないでしょう。 私たちトラストバンクは、可能な限り、通所系事業所向け 業務支援・業務記録システム開発を通して、当事者たちの働きやすい環境作りに貢献していきます。 (今年は、放課後等デイサービスとグループホームにも、対応したサービスをリリース予定) それから、2018年は、10年先を見越して、行政の仕組みに依存しない障がい者とか、健常者とか、そんな枠を取っ払った社会システムを構築する為に、私自身が行動した年でして、その流れの中で、共に行動していこうと言える障がい者施設運営会社の経営者さんや、農福連携の事業会社さんや、新しい社会基盤(ブロックチェーン技術を活用した社会制度)をITとリアル両面で構築しようとする河崎純真さんとの出会いがありました。 今年は、この今目先の課題解決の取組と、10年先の課題解決の為に、全力をかけて動きます。 長文になってしまい恐縮です。 本年も、引き続きよろしくお願いいたします!!!!!! 2019年1月5日 小柴義明
IT導入補助金のベンダーとして採用されました‼‼
2017.05.17
皆さん GW明けて、多忙な日々を送られている方も多いと思います。私もその一人です(笑) さて、去る5月15日に、弊社メインサービスとなる「ポチパス」商品が、 経済産業省のIT導入補助金のベンダー(提供事業者)として、採用されました。 「ポチパス」導入ご検討の事業者の方は、是非、ご連絡ください! 1次受付 5月末日 2次募集受付 6月30日までとなっております。 詳細概要→IT導入補助金制度 ポチパスは、スマホ、タブレットから、記録が出来ます。 音声入力も、対応しており、障がい福祉事業者のパソコンが苦手な職員さんにも、 優しい仕様になっております。 詳しくは、直接お伺いさせて頂き説明をさせて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。
IT企業が、畑を!?
2017.03.12
弊社技術者より、100%IT企業のトラストバンクで、自給用の畑を持ちたいとの具体的な提案が。 これは、面白い事が始まる予感。 私は、会社は、私含む社員みんなの自己実現の場だと考えております。 この提案は、私がいつか、やりたいと思っていた事なので、非常に嬉しい提案です。 今年は、場所探しから、 来年の春から、畑を少々・・・ ゆっくり、のんびりと、やれる範囲で、やってみます。
古物寄付で世界を変える。「シェイクハートプロジェクト」
2017.02.28
去る2月16日に、 「電通ダイバーシティ・ラボ」主催 パラディスというイベントが、電通本社にてに行われました。 講演のメイン登壇者は、僕が1年前よりお手伝いさせて頂いているNPO法人 シェイクハートプロジェクトの白井さん お題は・・・ 「シェイクハートプロジェクト」古物寄付で世界を変える。 彼の本気度が、伝わるとても良い講演内容でした。 私自身も、古紙回収などの古物の取組は、リアルに展開しているので、自分事として聞いておりました。面白いことが始まりますので、今後も、シェイクハートを宜しくです。 また、今回の講演に、たくさんの福祉に関わるIT企業の方々も来訪されていたのですが、その彼らのお話を聞いて、意識レベルの高さと、サービスのクオリティの高さに、驚きました。 マイクで話す内容の自動翻訳プログラムを開発された方のプログラム技術の高さにも驚きましたし、会場の後ろの方におられた方・・・任天堂さんと一緒に、ゲームを作ってこられたゲーム会社の社長(うんちまん)の姿にも、笑えました。 →うんちまん フラッシュモブ(この姿で、電通本社に登場!w) 異色を放っており、とても楽しい場になりました。 本当に、福祉の未来を作るメンバーが、集った会合でした。 日本の福祉は、変わっていくし、 変えていきましょう!

障害福祉サービス業務支援システム「ポチパス」利用規約

第1条(適用)

トラストバンク株式会社(以下、「当社」といいます。)は、ポチパスを提供するにあたって、利用規約を定め、ポチパスを利用する団体、法人等(以下、「ポチパス利用者」といいます。)は、本規約の全文を一読し、同意し、必要な手続きを行った上で、ポチパスを利用するものとします。


第2条(定義)

  1. 本規約において使用する用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。

    • (1)「本規約」とは、この障害福祉サービス業務支援システムポチパスの利用規約です。
    • (2)「当社」とは、ポチパスの開発、管理等を担うトラストバンク株式会社です。
    • (3)「ポチパス」とは、当社が提供する障害福祉サービス業務支援システムです。
    • (4)「ポチパス利用者」とは、当社に申し込み及び登録を行い、ポチパスを利用する団体、法人等です。
    • (5)「ポチパス管理者」とは、各事業所のうち、ポチパスを主に管理する者です。
    • (6)「事業所」とは、ポチパス利用者が運営する障害福祉サービス事業所です。
    • (7)「基本サービス料」とは、ポチパスを利用するための月額の料金です。
    • (8)「オープション料」とは、ポチパスの基本サービス以外のサービスにかかる料金です。
    • (9)「サービス利用料」とは、基本サービス料とオープション料を合わせた料金です。


第3条(本規約の変更)

当社は、ポチパス利用者の承諾を要することなく、本規約の変更を行うことができるものとし、変更した規約をポチパス利用者に通知した時からその規約が適応されます。なお、変更された規約により、ポチパス利用者に損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負わないものとします。


第4条(禁止行為)

  1. ポチパス利用者は、ポチパスの利用にあたり、次のいずれかに該当する行為または当社が該当すると判断する行為をしてはならないものとします。

    • (1)関係法令に違反するすべての行為や犯罪に関係する行為
    • (2) 情報及びソフトウェアを解析、改ざん等をする行為
    • (3)コンピューターウイルス、その他有害なプログラム等を送信または書き込む
      行為
    • (4)ID、パスワードを不正に使用したり、譲渡または貸与する行為
    • (5)円滑な運営を妨げる行為、またはその恐れがある行為
    • (6)他の者に代わって利用申し込み及び登録をし、ポチパス利用者となる行為
    • (7)その他、本規約に違反する行為
    • (8)その他、当社が不適切と判断する行為


第5条(利用の拒否)

  1. ポチパス利用者が、次の事由に該当すると認められる場合、事前の手続きを省き、ポチパスの利用をお断りします。

    • (1)暴力団に関わるすべての者、団体、その他暴力団に関わる事業等に該当する場合
    • (2)ポチパス利用者または第三者の不正な利益を図る目的に該当する場合
    • (3)第三者に何らかの損害を与える可能性が認められる場合
  2. 前項の規約に基づきポチパスの利用が解除された場合、当社はその損害、賠償等の責任を一切負わないものとします。
  3. 前項の規約に基づきポチパスの利用が解除された場合、当社は再利用を認めないものとします。


第6条(利用申込及び登録)

ポチパスを利用しようとする者は、指定の無料体験申込書または利用申込書により申し込みを行い、当社が承諾し、システムへの登録を終えた後に、ポチパス利用者となり、ポチパスを利用することができます。


第7条(ポチパス利用及び登録の範囲)

ポチパス利用及び登録は、事業所ごとに行います。同一法人等の運営であっても、住所地が異なる事業所においては、別の事業所として取り扱うものとします。


第8条(変更の届出)

  1. ポチパス利用者は、事業所登録の内容等に変更が生じた場合は、指定の登録内容変更依頼書により、直ちに当社に通知するものとします。
  2. 前項に定める通知がなかったことで生じるポチパス利用者の不利益等について、当社は一切の責任を負いません。


第9条(オプションの追加と解除)

  1. ポチパス利用者は、オプションを追加または解除する場合は、指定の利用申込書または登録内容変更依頼書により、直ちに当社に通知するものとします。
  2. オプションの追加と削除は、当社がポチパス利用者からの通知を受理した次の月から適応されます。
  3. オプションの利用料は、基本サービス利用料に加えて発生します。なお、当該利用料は、使用する月から発生します。


第10条(利用の解除)

  1. ポチパス利用者は、ポチパスの利用を解除する場合、解除を希望する日の30日前に利用解除依頼書により、当社に通知するものとします。
  2. 当社は、ポチパス利用者が下記のいずれかに該当すると認めた場合、事前の通知なしにポチパスの利用を解除できるものとします。

    • (1)当社への申込書及び登録の内容に虚偽の申告があった場合
    • (2)再三の請求にも関わらずサービス利用料の支払いがない場合
    • (3)本規約に違反または違反する恐れがある場合
    • (4)その他、当社が利用の継続が不適切と判断した場合


第11条(ポチパス管理者の設置)

  1. ポチパスを利用する事業所は、各事業所の中から、少なくとも1名のポチパス管理者を定めることとします。
  2. ポチパス管理者は、当社とのポチパスの運用等に関する連絡調整行い、またポチパスを総合的に管理するものとします。


第12条(無料体験)

  1. ポチパスの利用を検討するものは、正式な利用手続きの有無に関わらず、原則1回、60日間に限り、無料でポチパスを利用することができるものとします。
  2. ポチパスの無料体験期間中は、いつでも正式な利用への移行または無料体験の中止ができるものとします。


第13条(利用の開始)

ポチパスの利用は、サービス利用料(基本サービス料とオプション料を総称して「サービス利用料」といいます。)をポチパス利用者が前払いし、当社が入金を確認してから開始するものとします。


第14条(料金の支払い)

  1. ポチパス利用者は、当該月のサービス料金料及び消費税を、当社が発行する請求書に従い、請求書の発行から10日以内に指定の銀行口座に振り込むこととします。
  2. サービス利用料は、6か月毎に支払いまたは1年毎に支払いする2つの方法からポチパス利用者が選択できるものとします。
  3. 無料体験後、正式な利用手続きをした場合のサービス利用料は、無料体験終了日の翌月から発生します。
  4. ポチパスの利用のために要した電話料金、インターネット料金、電気料金等はポチパス利用者の自己負担によるものとします。


第15条(返金)

当社は、ポチパス利用者からの正式な解除の申し出を受理した場合は、その利用料の差額を返金するものとします。


第16条(一時停止)

  1. 当社が、次のいずれかに該当する場合、ポチパス利用者への事前通知及び承諾を要することなく、一時的にポチパスの利用を停止できるものとします。

    • (1)ポチパスの提供に必要な設備の故障やメンテナンス等が必要な場合
    • (2)災害、戦争、テロ等のやむ追えない事情により、サービスの提供ができなくなった場合
    • (3)その他、運用上または技術上のトラブルが生じた場合
  2. 当社は、ポチパスの運用における保守、点検等が必要な場合は、ポチパス利用者に事前に通知した上で、一時的にサービスの停止ができるものとします。


第17条(利用の廃止)

  1. 当社は、3か月の予告期間をもって、ポチパス利用者に通知の上、ポチパスの利用を廃止することができるものとします。
  2. 当社は、ポチパスの廃止に際し、前項の手続きを経ることにより、ポチパス廃止に伴い、ポチパス利用者またはその他第三者に発生した一切の損害の賠償を免れるものとします。


第18条(免責)

  1. 当社は、ポチパスを最善なる管理のもとに提供しますが、災害等のやむ追えない事情やその他インターネット環境の不具合やポチパス利用者の責による事由等により、ポチパス利用者に発生した損害等について、一切の責任を負わないもととします。
  2. 当社は、ポチパスを使用するためにポチパス利用者が設置または使用する如何なる機器及びソフトウェアについて、一切の保証をしないもとのとします。
  3. 当社は、ポチパス利用者が、ポチパスの利用によって第三者に損害を与えた場合の一切の責任を負わないものとします。


第19条(損賠賠償)

当社は、当社が故意に行った行為により、ポチパス利用者へ不利益が生じた場合を除き、ポチパス利用者が負う如何なる損害に対しても一切の責任を負わないものとします。


第20条(秘密保持)

  1. 当社及びポチパス利用者は、ポチパス利用の際に知り得た守秘義務に関わる個人情報等を最善なる管理をもって保持し、第三者に漏洩してはならないものとします。
  2. 前項に定めるもので、法令に基づき、または権限のある行政機関から開示請求があった場合には、その限りでないものとします。


第21条(個人情報の取り扱い)

  1. 当社及びポチパス利用者は、個人情報に関わる法令を遵守し、その管理に必要な措置を講じるものとします。
  2. 当社は、ポチパス利用者が当社に提供した情報を個人を特定できない範囲で統計的な情報として、利用および公開できるものとし、ポチパス利用者はこれに異議を申し立てないものとします。


第22条(業務委託)

  1. 当社は、ポチパスの運営上必要となる業務の一部を、ポチパス利用者の事前の承諾を得ることなく、第三者に委託することができるものとします。
  2. 当社は、前項に基づき、ポチパスを委託した場合でも、本規約に定める当社の責務を全うすることとします。
  3. 当社は、委託先に対して、本規約に基づく責務を負わせるものとします。


第23条(電子データの保管と削除)

  1. ポチパスに保管してある電子データの保存期間は5年間とし、5年を超えたデータについては、当社が予告無しに削除できるものとします。
  2. ポチパス利用者が利用解除した場合は、解除日をもって、当社は電子データを削除する権限を有するものとします。
  3. 無料体験期間を終えて、正式な利用手続きがない場合は、無料体験期間を終えた時点で、当社は電子データを削除する権限を有するものとします。


第24条(電子データ容量)

利用できるポチパスのデータ容量は、一事業所に付き5GBとなります。ポチパス利用者が、それを超えるデータを保存するときは、当社は追加料金を請求できるものとします。


第25条(権利帰属)

当社が、提供するポチパスに関するコンテンツ、画像デザイン、その他の著作物に関する著作権、その他の知的財産権については、当社または当社が定める法人もしくは個人に帰属するものとします。


第26条(管轄裁判所)

本規約またはポチパスの利用に起因する一切の紛争については、さいたま地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。


第27条(協議事項)

本規約に定めのない事項については、当社とポチパス利用者が誠意をもって協議し、決定するものとします。

以上

平成28年11月15日 制定
制定トラストバンク株式会社
代表取締役社長 小柴 義明