トラストバンクのミッションは、3つの世界を繋げること

日本の障がい福祉社会をもっと楽しく。もっとワクワク。

トラストバンクのミッションは、
IoTをベースに、3つの世界を繋げることにあります。

1、「障がい当事者の世界」
2、「社会」        ・・・アートや仕事を通して繋がりを作る
3、「血縁」        ・・・親からの理解。孤立しない。

トラストバンクが開発した障がい者施設向け業務支援システム「ポチパス」は、
障害福祉施設の方々と共に創りあげた、現場に特化した新しいシステムです。

「ポチパス」は、利用者も参加できるユニークな取り組みです。

 アプリやインターネットを利用した双方向コミュニケーションツールです。

「ポチパス」を利用して、施設職員はもちろん、両親との対話ツールとしても使えます。

詳しくは、トラストバンクの小柴(03-5956-3555)まで気軽にお問合せ下さい。

IoTとは?・・・Internet of Thingsの略。インターネットに繋がるあらゆるモノ(車や家、時計、冷蔵庫などの家電など)を接続することを意味します。